マインクラフト統合版インストーラーっぽいもの(v0.1)をリリースしました

v0.3リリースしました→https://animal-dengen.net/?p=1037

概要

Minecraftの統合版のLinux向けインストーラーが見当たらなかったので作ってみました。

マインクラフト統合版サーバー本体だけでなく、マインクラフトサーバーをsystemctlで起動・停止・Linux起動時に自動起動したり、自動定期バックアップ機能、自動アップデート機能も付いています(私の作ったものではない。後述)。

nanabach-darkserver/integrated-mcbeserv-system
Installer for minecraft bedrock edition server, MCscripts(auto backup, auto update, systemd unit) and remote backup - nanabach-darkserver/integrated-mcbeserv-sy...

今の所ansible playbookのyamlファイルが1つできただけですが、今後コマンド1行実行するだけでインストールできるようなものにする予定です。

テストはplaybookを通しで実行できたのを確認しただけなので、まだまだバグ多いかもしれません。

使い方

はじめに

以下、統合版マインクラフトサーバーをインストールするマシンをMCサーバー、インストールするための作業を行うLinuxマシンを作業マシンとします。

MCサーバーはUbuntu、作業マシンはDebianかUbuntu系を想定。読み替えれば他のLinuxやMacでも動くと思います。

ansibleを使っていますので、使うにはMCサーバーにSSH接続できる作業マシン必要です(WSLでも仮想マシンでも何でも良い)。

MCサーバー上でssh localhostできるなら、MCサーバー自体が作業マシンでもOKです。

MCサーバーへの接続を.ssh/configで設定済みで公開鍵認証する場合

作業マシンで以下のように作業を行ってください

  • apt install ansible
  • /etc/ansible/hostsに以下を追記。()は不要
[mcbe_hosts]
(.ssh/configで設定したMCサーバーの名前)
  • ansible-playbook install_server.yml

MCサーバーでsudoするのにパスワード必要な場合は、–ask-become-passをつけてください。実行時にsudoパスワードを聞かれます。

MCサーバーへの接続がパスワード認証の場合

作業マシンで以下のように作業を行ってください

  • apt install ansible sshpass
  • /etc/ansible/hostsに以下を追記。()は不要
[mcbe_hosts]
(MCサーバーの名前ホスト名かIP)
  • ansible-playbook -u ユーザー名 -k install_server.yml

MCサーバーでsudoするのにパスワード必要な場合は、–ask-become-pass(askの前の-は2つ)をつけてください。実行時にSSHログイン用のパスワードとsudoパスワードを聞かれます。

起動・停止

統合版サーバー自体のサービス名は、mcbe@MCBE.serviceとmcbe@MCBE.socketです。sytemctlで起動・停止できます。

ライセンス

とりあえずぼくのしってるさいきょうのらいせんすのAGPLにしときました。まだ考え中です。

これを使ってインストールが終わったら、インストールしたサーバーやsystemdのUnitなどにライセンスは及ばないという理解です。

ですのでこのファイルを単純に個人でダウンロードして、ちょい手直ししてインストールに使うだけならソース公開などの義務なく自由に使えます。

自動バックアップ、自動アップデート機能などのUnitについて

MCscriptsを使っています。詳細についてはこちらを参照してください。

TapeWerm/MCscripts
Minecraft Java Edition and Bedrock Dedicated Server systemd units, bash scripts, and chat bots for backups, automatic updates, installation, and shutdown warnin...

コメント

タイトルとURLをコピーしました