超軽量Webサーバーthttpd、mini-httpd、micro-httpdの情報

概要

thttpdやmicro-httpd, mini-httpdに興味を持ったのでいろいろ調べた

日本語情報が殆どないから集めるの大変だった。ありがたく読め。

筆者はUbuntu使いなので、Ubuntu基準の情報中心

ソースサイズ比較(圧縮時)

configureしてmake install する用のソースのサイズ比較。しっかりと検証していない上、提供時の圧縮形式がそれぞれ異なるので参考程度。比較として、Apacheと、軽量で有名なlighttpdを載せた。

圧縮時サイズ
Apache 7.8 6.8MB
lighttpd 1MB
thttpd 500KB
mini-httpd 150KB
micro-httpd 15KB

thttpd

概要

https://acme.com/software/thttpd/

軽量なWebサーバー。今回紹介するthttpd以外の2つはあまり高パフォーマンスでないと公式で紹介されているが、こちらは特にそういった記述がないので、それなりに負荷かけても大丈夫・・・かも?

現在はapt-getできない。経緯は以下のリンクの通り

https://ubuntuforums.org/showthread.php?t=2347509

リンク先のリンク先によると、

rphaned, RC-buggy, dead upstream, plenty of alternatives exists

という理由で2012年ごろにリポジトリから外された(ver. 2.25b)。しかし、本家での開発は続いているようで、最新版2.29のリリース日は23May2018とのこと。

reverse proxy機能はなさそう。

使い所

(かなり乱暴な推測だが)ソースサイズを見る限りではlighttpdよりも軽量のようにも思える。しかし棲み分けできるほどの差ではなくlighttpdのほうがはるかに開発が活発であることから、素直にlighttpdを使ったほうがよいと思われる。商用での採用例は少ないが、イギリスのISPやpaypal、gamespot、exciteの一部サイトで採用例がある(過去のことなのか現在も使っているのかは不明)。

mini-httpd

概要

https://acme.com/software/mini_httpd/

さらに軽量なWebサーバー。あまりパフォーマンスは良くないとのこと。

apt-getでインストール可能。

もちろんCGIも使える。

一応アップデートされ続けているが、頻度が低く、セキュリティ面で不安がある。

最新版は26Oct2018リリースのver 1.30

使い所

セキュリティ的にはやや不安がある。半分は実験的な目的で作られたものであり、商用に使うのは厳しいか。

SSL、マルチホスト、CGIなどは扱える上、コンフィグファイルが非常にシンプルなので、テスト用途ではありかもしれない。

micro-httpd

概要

https://acme.com/software/micro_httpd/

さらにさらに軽量なWebサーバー。apt-getでインストール可能。

性能はpoorとのこと。

CGIも使える・・・らしいが情報が少ない。Netgearの製品の管理画面に使われたらしいので、動くとは思うが・・・。無理です。

過去にセキュリティホールがいくつか発見されたが、特に修正されたという情報がないため、一般公開用途で使用するのは危険かもしれない。

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=920132

http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2014-4927

バージョンやリリーズ日の情報があまりないが、いろいろ見る限り2005年から更新されていないようだ。

使い所

LAN内で静的ファイルをホストする程度なら使える。積極的に使う理由は殆どないが、極限までシンプルなwebサーバーとして、ネタとしては面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)