1コアで4スレッド以上のCPUを紹介してみる

はじめに

さて、昨年頃Ryzenが1コアで4スレッド実行可能になるみたいな話があった(結局なかった)が、x86_64以外のアーキテクチャではそれ以上も既にあったりする。

気が向いたので、1コアで4スレッド実行可能なCPUや、最大1コアで何スレッド実行可能なCPUがあるとかまで紹介してみる。

なお「スレッド」の意味については、よくCore iとかで言われているあれのつもりである。つっこまないでほしい。

Marvell Thunder X3

SSDのコントローラーなどでおなじみMarvell製ARMプロセッサ。なんと96コア384スレッドという超弩級SoCだったりする。

Marvell Announces ThunderX3: 96 Cores & 384 Thread 3rd Gen Arm Server Processor

コア数とか同時実行可能スレッド数では、富嶽に使用されるA64FXを大幅に上回っている(が、拡張命令の都合でさすがに浮動小数点演算性能では劣ると思う)。

IBM Power10

一般向けPCでは見かけなくなったIBM Powerだが、最新のものは1物理コアあたり8スレッドの実行が可能であるようだ。

POWER10 - Wikipedia

Fujistu SPARC64 XII / Oracle SPARC M8

富士通がARMを使い始めたことで今後が怪しいSPARCだが、いま最新のものではでは8スレッドのSMTが可能になっている。

SPARC - Wikipedia

なお、日本語版のwikiページは表のコア数、スレッド数の順番が少し怪しいので、英語版見たほうが確実かもしれない。

最後に

そんなこんなで、1物理コアで最大8スレッド実行が最大だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました