HGST(日立)のHDDって今どうなってるの?

日立が2012年にWDに買収されてから8年ほどたったけど、日立の過去のシリーズDeskstarとかUltrastarが今どうなってるのとか気になって調べた。

※HGSTと日立は結構別物かもですが面倒なので同じものとして扱います

Deskstar

日立のコンシューマー向けHDD事業はWDに買収された後東芝が買ったことは知られているだろう。

なおWD買収後日立のHDDのブランド名はしばらく残っていたが、WD買収後はDeskstar NASを除くとDeskstarが全く登場していない。つまりWDは3.5インチHDDに関しては日立のエンタープライス系(というかサーバー向け?)HDD事業しか手に入れなかったようだ。なので、コンシューマー向けDeskstarは東芝が全部手に入れたことになる。

そして日立Deskstarそのものであるのが東芝DTシリーズ。2012年、2015年に製品が発表された後特に音沙汰がなかったが、2019/12に4TBモデルのDT02ABA400が発売された。

一方1~2TB帯ではDT01ACA100やDT01ACA200という2012年登場モデルしかない。でも200MB/s出てそこそこ高速なので悪くない。

耐久性は価格ドットコムのレビューとか見てると微妙な評価。日立時代に比べるとだいぶ低価格化している気がするので品質も多少下がったんだろうか。まあ速くて安くて日立時代と変わらず高耐久だったら今頃他のメーカーのHDDは駆逐されてるだろうし…

余談だが、日立のDeskstar, Ultrastarと東芝DTシリーズはラベルまでそっくり・・・というか外観は完全に同一

東芝DT(2019年発売モデル、画像左):https://images.app.goo.gl/MCH9afAntdcJEU7D9

日立Deskstar(2010年発売モデル):https://images.app.goo.gl/NtR6ANf8WggQQrjQA

Ultrastar

前述の通りWDが手に入れた。HGST時代のブランドはUltrastarのみそのまま残ってる。

Deskstar(NAS向け)

Deskstarはすべてコンシューマー向けHDDかと思いきや24時間駆動対応モデルやほぼサーバー向けの物などいろいろあったりする。そういった中でNAS向けモデルはWDに買収されてからもDeskstar NASとして引き継がれた。

しかしHGSTブランドの廃止に伴い、Deskstar NASブランドも消滅する。WDには類似のWD Redがあり、Deskstar NASブランドは残す意義もあまりなかったためか特に後継モデルなどは出ていないようだ。なおWD Redの一部モデルにはDeskstar NASではなくUltrastar由来の技術が盛り込まれたという噂も。まあDeskstar NASの技術も何らかの形で類似のWD Redに取り込まれたりしてる・・・と思う。

Travelstar

TravelstarについてはHGSTがWDに買収された後もHGSTブランドでの販売が続いていたようだ。

HGSTブランド、薄型7mmの「Travelstar Z5K1」シリーズ1TBに新モデル「HTS541010B7E610」 | Ark Tech and Market News Vol.3001379
HGSTブランドから7mmの容量1TBタイプのモバイル、ウルトラブック向け2.5インチ6Gbps SATA接続対応ハードディスクドライブ「Travelstar Z5K1 HTS541010B7E610」が2017年6月10日(土)よりアキバのPCショップにて販売を開始。 HGSTブランドとしては2世代目でキャッシュが1...

特にソースはないが、最近は新製品も出ていないことからHGSTブランド消滅に伴い、ブランドは消滅した模様。

東芝がWD(旧日立)から買ったのは3.5インチHDD関連のみであり、東芝とTravelstarは特に関係ないと思われる。

HGSTブランド消滅後についてはTravelstarの直接の後継らしきものは見当たらず、おそらく使われていた技術だけはWD Blueなどの2.5インチHDDに引き継がれているのみと思われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました