Scalewayレビュー

多分このサイトが日本では一番詳しいと思います。

Scalewayの概要

安いクラウドなVPSサービス

日本で言えばソフトバンクみたいな感じの会社の子会社が運営してるらしい。

めっちゃ安い.CPU2コアメモリ2GBのVPSがわずか月3ユーロ(400円ほど)

フランス、オランダにデータセンターがあるため、かなり遠い。

ARMのCPUが使えるのが特徴。また、AWS EC2みたいに自由自在にインスタンス性能を変えられる。

価格と性能

とあるサイトによれば、Scalewayで使えるARMのデュアルコアCPUの性能は、Core i7 2.0Ghz 0.5コア分相当とのこと。

通常のVPSプランも非常に安い。上位になるほど割高な気がしたり,専用サーバーの方が安かったりとイマイチ理解しがたい価格体系だが,それでも12コア120GBメモリのモンスターマシンですら月180ユーロ(2万4千円).(参考:さくらのVPSで10コア32GBメモリで月3万+初期費用)

なお、CPUは、ARM表記のものはARMのCPU、それ以外の専用サーバー系はAtom Cシリーズ、x86系のVPSサーバーはXeon Dを使っている模様。専用サーバーのほうが同じコア数でもえらく安いのはこのため。

なお確認したx86サーバーのVPSのCPUはAtom C2750だった。

機能

セキュリティグループ作ったりサーバーをローカルネットワークでつないだりできてすごい

回線

pingは260msを超えており,それなりに遅い。自宅からの計測で、上り下りとも150KB~200KB/sが限界だった。

通信速度はパリリージョンのVC1Sインスタンスで家→サーバーに132MBのファイルアップロードするのにちょうど9分

逆が50MBダウンロードするのに3分40秒

瞬間的には700KB/s出たものの100KB/s台しか出ない時間が多かった

(ただし家の回線がよろしくない上短時間別の回線テスト動かしてたので参考値。前はもっと出た気もする)

ただ、過去に多少画像ありの個人サイトを運営していた限りでは全く問題はなかった。遅いなりに安定はしている感じ

Vare Metal Cloud Serverについて

Bare Metal Cloud Server」という名前のよくわかんないサーバーがあるが、,1ユーザーが1台の物理マシンを専有し,仮想化なしのため実質専用サーバー

Laspberry piのようなARMの小型サーバーを専用サーバーとして借りることができ、世界最安の月3ユーロで専用サーバーが持てる。

運用の手引き

AWSのEC2のように時間課金でインスタンスをいつでも高性能なインスタンスに変えたり、マシンをクローンできるなど柔軟性が高い。

しかし、過去にやった時はARM系のサーバーをx86系サーバーに変更できなかった。ARMとx86ではやはり違いが大きいのか、同じボリュームで起動はできないと考えられる。

また、容量の拡大はいつでもできるが、縮小は非常に手間がかかるらしい。詳細は忘れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)