クラウドファンディングの入出金と手数料一覧

 クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)各サービスの入出金方法、手数料を調べてみた(ついでに各サービスはどこの銀行を使用しているかの一覧も)。

共通項目

 基本的にどのサービスも、ネット証券と同じく投資するには指定の口座に投資資金を振り込み、そこから各ファンドを購入(?)する感じ。

 ただしSBIソーシャルレンディング、トラストレンディングは投資用口座が作られず、ファンド申し込みごとに指定口座に送金する必要がある。

クラウドファンディングの入出金手数料は高め

 最近大手証券会社や仮想通貨取引所では出金手数料無料は珍しくないですが、大手のクラウドファンディングでも他行への出金手数料約800円、同じ銀行への入出金でも450円ほどと時代錯誤な手数料がかかります。

 入金手数料も投資家負担のところが大半です(無料で振込む手段はいくらでもあるので問題ありませんが)。

手数料一覧

 自分が使用するサービスを選定するために調べたので可能な限り間違いのないようにしていますが、内容の正確さは保証できません。自分の目で確かめたい方は、ほとんどのサイトで入出金手数料は「ヘルプ」もしくは「よくあるご質問」ページの入出金や手数料関連に書かれていますので参照してください。

大手銀行の入出金手数料

どのサービスも調べた限りでは銀行が同じなら手数料も同じ

 

三井住友銀行(SMBC)を利用するサービスの出金手数料

https://www.prereitfund.co.jp/common/img/pic/img_qa02.jpg

 

三菱UFJ(MUFG)を利用するサービスの出金手数料

https://www.maneo.jp/common2/images/img3/img_help02.gif

 

みずほ銀行(MHBK)を利用するサービスの出金手数料

https://www.greeninfra.jp/common/img/pic/img_qa03.jpg

 

ジャパンネット銀行を利用するサービスの出金手数料

楽天銀行の

口座宛

ジャパンネット銀行の

口座宛

他の金融機関宛
振込金額:

3万円未満

51円 54円 165円
振込金額:

3万円以上

51円 54円 258円

クラウドファンディング一覧

Maneo

入金:投資家が負担

出金:MUFGの手数料参照

※ただしGMOクリック証券経由であれば無料

PreREIT

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

APPLE BANK

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

Cash Flow Finance

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

さくらソーシャルレンディング

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

グリーンインフラレンディング

入金:投資家が負担

出金:MHBKの手数料参照

アメリカンファンディング

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

SmartLend

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

クラウドリース

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

ガイアファンディング

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

LCレンディング

入金:投資家が負担

出金:SMBCの手数料参照

SBIソーシャルレンディング

案件ごとに指定口座へ入金(無料)

出金ではなく、配当金や満期返済金の振込。すべて無料。

OwnersBook

入金:投資家負担

出金:一律300円

※ただし、エクイティ型案件については入金はファンド指定口座への振り込み(手数料は投資家負担)、満期返済金は投資家の指定口座への振り込み(手数料不明)となる。

※このサービスの使用している銀行は不明

AQUSH

入金:投資家負担

出金:ジャパンネット銀行の手数料参照

クラウドクレジット

入金:投資家負担

出金:一律756円

※出金は月一回無料。手数料的にSMBCを使用していると考えられる。

クラウドバンク

入金:投資家負担

出金:無料

※このサービスの使用している銀行は不明

トラストレンディング

案件ごとに指定口座(※)へ入金(有料)

出金ではなく、配当金や満期返済金の投資家口座への振込(無料)

※楽天銀行の口座

KAIKA

入金:投資家負担

出金:投資家負担(手数料不明)

山口銀行・北九州銀行・もみじ銀行からのATMやインターネット・モバイルバンキングに限り無料

SonyBankGate

入金:おそらく無料?

出金:無料

ソニー銀行のサービスのため、ソニー銀行の自分の口座からの入出金のみ対応

余談

 手数料を気前よく無料にしているところもあるが、銀行と提携しているSBIやソニー銀行以外は実際それなりにコストがかかっているはず。その分利回りを下げていると考えるべきで、それほどメリットではない可能性がある。また毎月分配のものは手数料的にかなりコストがかかるはずで、かなりデメリットではないかと考える。

 そう考えるとネット銀行を使用しているAQUSHは総合的に見て安いと感じた。もしくはGMOクリック証券経由でManeoに投資するのもあり。

 まあ数十万円単位でポンと投資できる金持ちの方は無視できる問題なので手数料自体気にしなくていいでしょう地獄へ落ちろ

追記:AQUSHは新規募集終了しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です