運用の手間を考えるとEdyは最高の電子マネー

楽天カード(Edy付き)が一番良いと思った理由

1.5%還元で有名なビックカメラSuicaカード

  • アカウントを大量に作る必要がある(Suicaチャージサービスサイト(JR東通勤者は駅でチャージすればよいので不要)、JREポイントサイト、Viewカードサービスサイト)
  • SuicaチャージにFelica必要。もしくはJR東の駅に行く必要あり(JR東の通勤者は問題なし)
  • 通常のクレジットカード使用の還元率は0.83%とやや悪い。しかも交換が面倒。

nanaco+リクルートカード(非一体型・還元率1.7%)

一体型は還元率が悪いので、リクルートカード+nanacoカードの場合

  • 還元率は高いが一体型でなくカード2回必要(持ち歩くのはnanacoのみでよいが)
  • リクルートID、利用明細サービスサイトと2つに登録必要
  • nanacoの対応店舗やや少なめ
  • たまったリクルートポイントはPontaに変換する必要あり(リクルートのサービスで使うなら変換不要だが・・・)
  • 私はなぜか審査落ちてあきらめた(JCBでなければ何とかなったかもしれない)

比較的手間のかからないEdy一体型楽天カード

  • 楽天のアカウントさえ作れば利用可能
  • 還元率はクレジットカードもEdyでも1%と及第点
  • 貯まった楽天スーパーポイントはそのままでも使える店多いし、Edyに交換できる(Edyにするには一手間かかってしまう)
  • Edyチャージはネットでチャージ手続きし、コンビニで受け取るので比較的楽。他様々なオートチャージもある

まとめ?

還元率だけ見るとEdyは微妙ですが、楽天カード一体型に関してはチャージ、ポイント交換の手間を考えると結構ありだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)